pkmn5.net

Pokemon GO(ポケモンGO)についての情報。もしかしたら日本初のファンサイト?

Pokémon GO

NianticがポケモンGOのツール制限についてアップデート。

ポケモンGOの提供元であるNiantic,Inc.(ナイアンティック)が先日行われたPokeVisionなどのサードパーティのツールへの制限について説明をアップデートしています。

NianticがポケモンGOのツール制限についてアップデート。

ポケモンGOの運用についてのアップデート、と題されたこのエントリ、ジョン=ハンケCEOによるものだそう。

すでにご存知の方も多いかと思いますが、Pokémon GOをブラジル、及び南米地域にて配信開始いたしました。この地域の方々にお届け出来ることを大変嬉しく思っています。配信が遅れてしまった理由はPokémon GO のアプリ外から利用規約に反してサーバーへ不正にアクセスしようとする第三者のアグレッシブな行為によるものです。

Pokémon GOの運用についてのアップデート

この中で、サードパーティ製のツールのアクセスを遮断した前後でのサーバ負荷のグラフが出ています。
スクリーンショット 2016-08-05 23.42.16

このガクッと下がった所が遮断後ですね。
PokeVisionなどはレアモンスター探しに便利だった部分もありますが、Nianticがこれを制限する理由として以下が挙げられています。

  • サーバ負荷が無駄に上がる。これを下げることでオリンピック開催地のブラジルでのリリースが実現できた。
  • 同じく、負荷が下がることでトレーナーがログインできなかったり、反応が重かったり、という状態が軽減される。
  • 新機能追加などにかけるべき時間が、負荷対策に取られてしまい結果的に新機能のリリースが遅れる。

まぁなるほど、としか言いようのない理由ですね。
裏を返せば急遽サードパーティへの対策をしたのは、それだけブラジルのリリースを急いだ、ということでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!

Twitter で

-Pokémon GO
-, , ,