pkmn5.net

Pokemon GO(ポケモンGO)についての情報。もしかしたら日本初のファンサイト?

Pokémon GO

ポケモンGO運営Nianticがアドオンマップツールの禁止を明確に言明

ポケモンGOから「Pokémon Goアカウントの利用禁止に関する最新情報」というお知らせが出ました。今回のアップデートではアドオンマップツール利用がアカウント停止の対象になる点をはっきりと言明しています。

ポケモンGO運営Nianticがアドオンマップツールの禁止を明確に言明

アップデートされたお知らせはこちら。
pokemongoupdate
Pokémon GO

お知らせの内容を見てみましょう。

弊社は継続的に不正アクセスをブロックし、時には違反を行ったユーザーの利用を禁止にすることで、ゲームの公平さとサーバーの動作の維持に努めています。この取り組みにはボットやデータスクレイピングのブロック、及びこれらの活動に関与したエンドユーザーアカウントの利用禁止等があります。

botや個体値チェックの為にAPIを介してデータを取得するアプリについては既に前回のアップデートで対策済ですね。
そして今回からマップ系サードパーティツールについての言及もあります。

一部のプレイヤーの方には、アドオンのマップアプリに近くにいるポケモンを表示する以上の機能があることにお気づきの方もいらっしゃることと存じます。これらのエンドユーザーアプリの中にはアプリの開発者により収集ツールとして使用されるものがあり、エンドユーザーの知識の有無に関わらず、見えないところでデータを収集し、アプリの開発者に送信している可能性があります。このため、弊社はこれらのアドオンマップツールの使用に関与した一部のアカウントを利用禁止にすることを余儀なくされ、これによりユーザーによってはなぜ自分のアカウントが利用禁止になったのかわからないという状況が発生しました。

ポケモンGOのログインを利用したポケモンの出現マップなどのアプリは、スマホのデータ収集などを勝手にされている可能性があるのでダメ、という論旨ですね。
確かにこのポケモンGOブームに乗じたアカウント収集アプリが配布されている可能性は否定できません。
ナイアンティックとしてもポケモンGOの利用で個人情報漏洩に関連するようなリスクを避けたい、というところ・・・?
それと同時にそういったツールからのサーバアクセスもトラフィックの面からもセキュリティの面からも排除したい、というのも実情でしょう。

結果、このようにマップツール系がアカウント停止対象である点が明示されました。

今後も弊社のサーバーからデータスクレイピングを行うアドオンマップはサービス規約への違反となり、これらのアドオンマップを使用した場合アカウントが利用禁止となる可能性があります。

前にPokeVisionなどからのAPIアクセスが禁止になり機能利用ができなくなりましたが、この時は機能提供側が停止しただけでした。
今回は機能を利用した側がアカウント停止になる、ということなのでより厳しい対応といえそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!

Twitter で

-Pokémon GO
-, , , ,