pkmn5.net

Pokemon GO(ポケモンGO)についての情報。もしかしたら日本初のファンサイト?

Pokémon GO

NianticのCEO、ジョン=ハンケはチームインスティンクト(黄色)!VentureBeatの記事

Nianticのトップ、ジョン=ハンケCEOがVentureBeatのインタビューに答えています。
トレーナー同士のポケモンバトルやそれ以外のことも語られています。

NianticのCEO、ジョン=ハンケはチームインスティンクト(黄色)!VentureBeatの記事

VentureBeatの記事はこちら。
dscn0145-930x698
Pokémon Go chief promises player battles, live events, more creatures, and stable servers | GamesBeat | Games | by Dean Takahashi

まず最初の質問で、「チームの色は何色?」に対してこう答えるハンケCEO。

I’m yellow. All about yellow.

日本では人気がない、と言われている黄色、チームインスティンクトなんですね!ちなみに僕もですw

2ヶ月で5億ダウンロードは想定外

また2ヶ月で達成したポケモンGOの5億ダウンロードという数値については、全くもって予想していなかったそうです。
実際米国で最初のローンチした際、数時間でサーバがあっさりキャパシティオーバーになり、出身でも株主でもあるGoogleのクラウドチームのサポートでなんとか乗り切ったとのこと。確かに予想していれば準備は万端だったはずですね。

まだまだ多国展開の途中

ポケモンGOはまだ南アジア、ロシア、中国、アフリカの一部では未リリースですが、これらの地域もリリースを考えているそうです。
うまい手があるそうですが、色々調整事項が多くて準備中とのこと。
特に国や政治がらみの部分についてはまだまだ学ぶことがあって、徐々に理解しながらやっているそう。

Nianticのスタッフは70人程度

ポケモンGOを通じてここまで世間に喧伝されるようになったNiantic,Inc.ですが、従業員数はフルタイムの人員で70人程度。
求人の募集については、ポケモンGO以降膨大な数のレジュメ(履歴書)が舞い込んでいるそうですが、本業がこれだけ忙しくなっている中、
その全員を面接している時間もなくて滑稽だ、とコメント。

ポケモンGOのDAUについて

これについては、数字は教えられないが、ほんとに、とんでもなく大きな数字だ、と答えています。
これまでのスマホアプリの範疇では収まらないくらいだそう。
ローンチ以降下がってはいるが、他と比較できるかどうか分からないくらいの状況とのこと。

Apple Watchのサポートについて

以前話があったように、これは独占ではない。けれどアップルのイベントの1部のパートを担当出来たことは物凄いことだ、というコメント。
アップルのイベントで発表されたApple Watch Series 2のGPS、高速なCPU、防水といった特徴についてはハンケCEOはお気に入りのよう。
またPokemon GO Plusにも触れ、さらにAndroid Wearの可能性にも言及しています。

プレイヤー対戦について

インタビュアーがプレイヤー対戦の可能性について質問したところ、ハンケCEOの10歳になる息子さんもバトル機能が欲しいと言っているそう。
既にバディシステム(相棒)や、トレード(交換)については話してきた通りだが、バトル機能についてはもうちょっと話し合わないといけないそう。
ロードマップにいずれ乗ってくるだろうが、日程はわからない、という話です。

この先1年のポケモンGOはどうなる?

Nianticはゲームを数年先を見て開発している。2週間ごとに細かな修正をリリースし反応をみてまた最小限の変更をリリースに加えつつ進化しているとのこと。
また先の話をしたいのであれば、もうすぐ4周年のINGRESSの歴史を見れば分かる、毎月世界の何処かで開催されているINGRESSのイベントに参加してみるといい、と。

この後もまだまだ続きますが一旦ここでお開き。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!

Twitter で

-Pokémon GO
-, , , , , ,