pkmn5.net

Pokemon GO(ポケモンGO)についての情報。もしかしたら日本初のファンサイト?

Pokémon GO

ポケモンGO次期バージョンでメダルをポケモン捕獲のパラメーターに。ポケモン交換の布石?

NianticからポケモンGOの次期バージョンに関する発表がありました!これまでただなんとなく獲得していたメダル、これを獲得メダルによってポケモンの捕獲に影響させるとのこと。
やっとメダルの意味が出てきました!

獲得したメダルで捕まえやすいポケモンが変わる!?

Nianticの発表はこちら。

pokemon

捕まえたポケモン毎のタイプのメダル(キャンプファイヤー、にわし、サイキッカーなど)がランクアップすると、そのタイプのポケモンを捕まえやすくなるボーナス効果が得られるようになりました。例えば、キャンプファイヤーのメダルがランクアップするとボーナス効果を得られ、ヒトカゲやロコン、ポニータなどの、ほのおタイプのポケモンの捕まえやすさがアップします。

Pokémon GO

つまりこれで「捕まえやすいポケモン」と「捕まえにくいポケモン」が獲得メダルで差が出て来る、ということですね。
「ボーナス効果」という表現なので、基本「より捕まえやすくなる」という事なんだろうと思います。

メダルで差がつく意味は?

これまでメダルはただただポケモンを捕獲しているとなんとなくもらえる感じの、いわば進捗確認の意味しかありませんでした。
これが次回アップデートでポケモンの捕獲しやすさに影響してくるとどうなるか・・・?想像してみました。

トレーナーの地域性がより強くなる

ポケモンは御存知の通り外にでて遊ぶ位置ゲームです。
トレーナーは自分が住んでいるところ、プレイしている所によって、獲得できるポケモンに影響が出ます。
例えば川の近くならおのずとみず属性のポケモン獲得が増える・・・といった具合ですね。

プレイしている地域を大幅に変えることは難しいので、メダルは地域属性に沿ったものになるはず。
それが更にアプデで強化される、というのが今回の狙いでは?と思います。

トレーナーの保有ポケモンの格差

結果的にトレーナーごとのプレイ地域属性によって保有ポケモンに格差が出ます。
これまでコンプ一辺倒だったポケモン捕獲にとっては実はメリットはあまりないわけですが、Niantic的には「コンプしたら終わり」「コンプしたから次のポケモン開放までやることがない」という方向性を是正したいのでは?と思います。あえて格差をつけることで、トレーナーの目的を違うものに変える、というわけです。

けれど今は取り立てて保有ポケモンに差がつくことを解消する仕組みはありませんが・・・今後のリリースで「トレーナーのポケモン交換」「トレーナー同士のポケモン対戦」をぶつければ、その格差が生きてきます。
また、獲得しづらいポケモンを、普段のプレイ地域ではない所でイベントを開催して獲得できるようにする、というイベントへの布石も考えられます。
格差を強調することで、「格差を埋めたい」欲求をアクティビティに変える、という事ですね。

ポケモン交換・ポケモンバトル

ポケモンの交換、トレードについてはすでに出ていましたね。

ポケモンGO次回アップデート内容がリーク?トレード・バディ・ミュウツー出現など・・?

これを促進させるのはトレーナーの保有ポケモンに格差をつけること。自分が持っていて相手が持っていない、またはその逆だからこそトレードは成立します。
全員がコンプしていたらトレード機能を実装しても誰も使いません。Niantic的にはこのトレードのためにコンプの難易度を上げたんだと思います。

トレードする事で何が起こるか・・・?それはトレーナー同士のリアル交流だと思います。ポケモンGOの前からNianticが運営しているイングレスでも、このユーザー同士の交流はNianticはかなり意識してイベント開催などをしています。イベントがあることでユーザーが飽きない、という意味もあると思います。

ポケモンバトルに関しては「できればそのうち」レベルですが、実現すれば格差は生きます。
カードバトルで店舗でくじ引き的に購入するのと同じような効果があるでしょう。

イベント

地域振興・震災復興などですでに幾つかの自治体とポケモンGOのコラボが発表されていますが、この枠組みで開催されるイベントにもトレーナー間の保有ポケモンの格差は必須です。
地域に興味がなくても、レアポケモンでなくても、その地域で出やすいポケモンが自分の捕獲しづらいポケモンであればその場所に向かう理由ができるからです。
そもそもこれだけの人気コンテンツで地域振興をするのであれば、対象地域に興味がない層を引っ張ってこれる理由が絶対に必要です。
それでなければ大した動員は見込めませんし、それではポケモンという人気IPを使った割に自治体コラボは大したことないね、という話になってしまいます。

そういう意味で今回のアップデート内容はトレーナー的には「面白い」と捉えられるかもですが、実はトレーナーにとってはちょっと厳しく、Nianticにとっては将来的に非常に重要な布石のアップデートなのかな?と思います。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!

Twitter で

-Pokémon GO
-, , , , , , ,